岡山県岡山市にあるカウンセリングルーム
個別カウンセリング、不登校訪問支援、親業訓練一般講座を提供しています。
岡山県岡山市中区江崎17−3
  1. 少年の非行と親業訓練講座
 
 

少年の非行と親業訓練講座

2017/02/26
こんにちは、坂野です。

法務省保護局は昨年6月、「保護者のためのハンドブック〜より良い親子関係を築くために〜」と題するハンドブックを作成しました。
このハンドブックの中で、コミュニケーションで親子の「心の架け橋」をかける具体的な方法を学ぶ講座として、親業訓練講座が紹介されています。
このハンドブックが、そして親業訓練講座が必要な方のところに届くことを願います。

親は子どもに伝えたいことがたくさんあります。しかし、それは親子の間に信頼関係があってはじめて相手に伝わります。
まずは子どもの言うことに耳を傾け、心にふれることで、親子の間に心の架け橋が築かれると、親の気持ちが子どもに届きやすくなります。
コミュニケーションをキャッチボールにたとえるなら、親が一方的にボールを投げていては、分かり合える関係にはたどり着けません。
まずは相手の投げたボールをしっかりと受け止めたあとに、投げ返すことで、相互理解のやりとりができるようになります。

このハンドブックでは、子どもを理解するためのコツや、子どもとの関係を切れさせてしまう対応、適切な話し合いの進め方などが説明されているほか、4コマ漫画で4つの事例を取り上げ、マイナスの関わり方の例とプラスの関わり方の例が、具体的に書かれています。

以下は法務省のホームページからの引用です。
ハンドブックはリンク先にてダウンロードできます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

少年の非行の背景には,性格,年齢,経歴,心身の状況,交友関係,家庭環境など様々な要因が関係します。保護観察では,少年の改善更生を図るために,これらの状況を踏まえて保護観察に付された少年への指導助言を行います。この中で,家庭環境の安定は大変重要であり,そのためには少年と保護者との間でのコミュニケーションがうまくいき,親子の関係が良好に保たれることが必要です。

 法務省保護局では,非行をした子どもの親として悩んでおられる保護者の方々の参考としていただくために,子どもとのコミュニケーションを図る方法などを記載したハンドブックを作成しました。このハンドブックは,保護観察を受けることになった少年の保護者に配布するなどして活用しますが,保護観察を受ける少年に限らず,御自身の子どもの非行や問題行動に悩む保護者の方々にも,親子のコミュニケーションをより良くする上で参考になると思いますので,是非御覧ください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたも「親業」を学んでみませか?

「親業」という名前ですが、内容はまさにコミュニケーション・プログラム。

お子さんのいる方だけでなく、職場での人間関係をより良くしたい方、経営者、

お子さんのいない方など、若い方からご年配の方まで、さまざまな方が受講されています。


「親業訓練一般講座」のくわしい説明と、お申込み・お問合せはコチラ。

     ↓↓↓

http://c-r-smile.com/webform_20.html


遠方での開講にも応じています。お気軽にご相談ください。

詳しい説明をお聞きになりたい方には、講座についてご説明に伺います。

 

【お申込み・お問合せ】

@電話 086-238-6117 または、Aメール sakano@c-r-smile.com でも受け付けています。

ご連絡をお待ちしています♪

カウンセリングルームスマイル

お気軽にお電話ください。お待ちしております。

電話番号:086-238-6117(受付時間 9:30〜23:00)

所在地 :岡山県岡山市中区江崎17-3

営業時間:10:00〜22:00

定休日:なし

ルーム案内・アクセスはこちら

お問い合わせはコチラ