岡山県岡山市にあるカウンセリングルーム
個別カウンセリング、不登校訪問支援、親業訓練一般講座を提供しています。
岡山県岡山市中区江崎17−3
  1. カウンセリングルームスマイルのついつい読んでしまうブログ 親業
 
 

カウンセリングルームスマイルのついつい読んでしまうブログ

2017/02/07
こんにちは、坂野です。

親業訓練一般講座の課程は、各3時間×全8回=計24時間で構成されています。
受講前に各回の内容をお知りになりたい方のために、記事を書くことにしました。
今回は第3回目です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【親業訓練一般講座 第3回目】

※講座で学ぶ内容は、さまざまな人間関係で実践することができます。文中で親・子どもと表記している箇所は、親=自分、子ども=相手、と読み替えてご覧になることもできます。

●第2回目で学んだ「聞き方」を、実際に声に出してもらいながら練習します。
 聞き手役、話し手役のどちらも体験します。

●親業訓練で学んだ聞き方には、適切な場面があること、また注意点などを詳しく学びます。

●子どもが言葉によらないメッセージを送ってきたとき、どのような対応がとれるかを学びます。

●グループディスカッション形式で、ここまでで学んだ聞き方のまとめをし、深く理解します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第3回目では、親業訓練で学ぶ聞き方をより深く理解し、実践できる力を身につけます。
「聞く」体験だけでなく、「聞いてもらう」体験をすることで、相手を理解し、自分を理解してもらうときに感じる気持ちを、体験的に学ぶことができます。
子どもを一人の人格をもつ存在として認め、心から信頼し、操作することなく、子どもが自分の問題を自分で解決するのを手助けする親の姿勢を学びます。

第3回目では、「やってみると難しい〜」という声が多く聞かれます。普段の聞き方のクセに気づかれる方も多いです。
この回のあと、「子どもの考えていることが理解できるようになって、前よりもわが子が好きになった」といった報告を聞かせてもらうこともあります。
「子どもがたくさん話してくれるようになってビックリしました」という声もあります。
「子どもと心を通わせる」という親業のことばは、体感してはじめて理解するものだと感じます。

いよいよ第4回目からは「伝え方」を学びます。早く先の回の内容が知りたい!という声が聞かれるのはこの頃が多いようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたも「親業」を学んでみませか?

「親業」という名前ですが、内容はまさにコミュニケーション・プログラム。

お子さんのいる方だけでなく、職場での人間関係をより良くしたい方、経営者、

お子さんのいない方など、若い方からご年配の方まで、さまざまな方が受講されています。


「親業訓練一般講座」のくわしい説明と、お申込み・お問合せはコチラ。

     ↓↓↓

http://c-r-smile.com/webform_20.html

 

出張での開講にも応じています。お気軽にご相談ください。


受講前に、詳しい説明が聞きたい、という方には、講座についてご説明に伺います。

お気軽にご相談ください。

 

【お申込み・お問合せ】

@電話 086-238-6117 または、Aメール sakano@c-r-smile.com でも受け付けています。

ご連絡をお待ちしています♪


2017/02/06
こんにちは、坂野です。

親業訓練一般講座の課程は、各3時間×全8回=計24時間で構成されています。
受講前に各回の内容を知りたい方のために、記事を書くことにしました。
今回は第2回目です。
(第1回目についてはコチラ⇒ 親業訓練一般講座ではどんなことを学ぶのか【第1回目】 )

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【親業訓練一般講座 第2回目】

※講座で学ぶ内容は、さまざまな人間関係で実践することができます。文中で親・子どもと表記している箇所は、親=自分、子ども=相手、と読み替えてご覧になることもできます。

●第2回目の講座では、子どもが問題を抱えていることに親が気づいたとき、どのように子どもの話に耳を傾けるのが効果的なのかを学びます。

●沈黙やあいづちなど、「受動的な聞き方」の効果と、その聞き方の限界について学びます。

●親と子どもが気持ちや考えを互いに交流させるときに、そのコミュニケーションはどのような過程を経て行われているのか、図解で学びます。

●「受動的な聞き方」よりもはるかに効果があり、聞き手と話し手をうまくかみ合わせる作用をもつ、「能動的な聞き方」を学びます。

●「能動的な聞き方」の具体的な3つのやり方と効果、注意点を学びます。

●「能動的な聞き方」をロールプレイングによって練習し、体験します。

●「能動的な聞き方」の理解を深めるために、ワークブックを使って演習し、別のロールプレイングによって学びます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第2回目では主に聞き方を学びます。
「コミュニケーションの図式がとても分かりやすい」と言われることが多いです。
「能動的な聞き方は、頭では簡単に理解できるけど、やってみると意外に難しい」という声が多く聞かれます。
ロールプレイングや演習で大忙しなので、3時間はあっという間に感じられるようです。
第1回目に感じられた緊張感は薄まって、和やかな雰囲気になっています。
早く職場や家庭で実践してみたい!という声も多く、私も次回どんな報告があるかと楽しみになっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたも「親業」を学んでみませか?

「親業」という名前ですが、内容はまさにコミュニケーション・プログラム。

お子さんのいる方だけでなく、職場での人間関係をより良くしたい方、経営者、

お子さんのいない方など、若い方からご年配の方まで、さまざまな方が受講されています。


「親業訓練一般講座」のくわしい説明と、お申込み・お問合せはコチラ。

     ↓↓↓

http://c-r-smile.com/webform_20.html

 

出張での開講にも応じています。お気軽にご相談ください。


受講前に、詳しい説明が聞きたい、という方には、講座についてご説明に伺います。

お気軽にご相談ください。

 

【お申込み・お問合せ】

@電話 086-238-6117 または、Aメール sakano@c-r-smile.com でも受け付けています。

ご連絡をお待ちしています♪


2017/02/05
こんにちは、坂野です。

「親業訓練」についてお問い合わせをいただくことが増えてきました。
各回の講座でどんなことを学ぶのか、記事を書くことにしました。
受講したい方のご参考になれば幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【親業訓練一般講座 第1回目】

※講座で学ぶ内容は、さまざまな人間関係で実践することができます。文中で親・子どもと表記している箇所は、親=自分、子ども=相手、と読み替えてご覧になることもできます。

●第1回目では、親が子どもの行動を見たり聞いたりしたときの、心の整理の仕方を学びます。

●子どもの態度や性格ではなく、行動に着目することを学びます。

●講座ではさまざまな技法や対応方法を学びますが、いつどの対応方法が役に立ち、効果的なのか、反対に、いつどの対応方法が役に立たず、効果的でないのかを学びます。

●親としての役割を果たしていくのに、人間らしさを捨てる必要はないこと。子どもに対して、肯定的な感情や否定的な感情をもつ人間として自分を認めることを学びます。

●親の感じ方は常に一定ではないこと。父親と母親は互いに異なる別の人間であり、感じ方が違って当然であることを学びます。

●問題を所有しているのは誰なのか、つまり、困っているのは誰なのかを整理する方法を学びます。問題を抱えた本人がどのように問題解決に当たるのかについて学びます。

●子どもが問題を抱えているサインに親が気づいたとき、どのような対応がコミュニケーションを妨げるのか学びます。ロールプレイングを通して実際に体験してもらいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実は、第1回目の講座の内容を聞いて、びっくりされる方が少なくありません。
第1回目の内容に「親業の神髄を見た」とおっしゃる方もいます。
初日なので最初は少し緊張した様子も見られますが、第1回目の講座が終わる頃には、みなさんの表情から希望や期待が伝わってくるのを感じます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたも「親業」を学んでみませか?

「親業」という名前ですが、内容はまさにコミュニケーション・プログラム。

お子さんのいる方だけでなく、職場での人間関係をより良くしたい方、経営者、

お子さんのいない方など、若い方からご年配の方まで、さまざまな方が受講されています。


「親業訓練一般講座」のくわしい説明と、お申込み・お問合せはコチラ。

     ↓↓↓

http://c-r-smile.com/webform_20.html

 

出張での開講にも応じています。お気軽にご相談ください。


受講前に、詳しい説明が聞きたい、という方には、講座についてご説明に伺います。

お気軽にご相談ください。

 

【お申込み・お問合せ】

@電話 086-238-6117 または、Aメール sakano@c-r-smile.com でも受け付けています。

ご連絡をお待ちしています♪


2017/01/21
こんにちは、坂野です。

今日は、子どもや他人が自己肯定感を育むのを手助けする方法について書きます。

1つ目の方法は、相手の話を聞くことです。
相手の話をしっかり聞くことで相手は、
「自分は大切にされている」
「自分にはそれだけの価値がある」
と実感するようになります。

ただし聞き方には注意が必要です。
「それはおまえが悪いんだ」と相手を責めたり、
「こうすればいいじゃないか」とアドバイスするなど、
「聞き手の意見を言う聞き方」をすると相手は、
「分かってもらえない」
「聞いてもらえない」
と感じてしまいます。

裁きを下したり、意見を言ったりする代わりに、
「そうか、そうか」と受け止めたり、
「それは○○だったね」と気持ちをくんだりすることで相手は、
「聞いてもらえた」
「分かってもらえた」
と感じるものです。

こういう経験をとおして、
「自分は大切な存在なんだ」という実感を育むことができます。

2つ目の方法は、「ありがとう」と伝えることです。
「ありがとう」は、相手の存在価値を高める言葉です。

「ありがとう」と言われることで相手は、
「自分は人の役にたつんだ」
「自分はここにいていいんだ」
と実感します。

余談ですが、「ほめる」という行為が縦の関係(上下関係)に基づくものであるのに対して、
「ありがとう」と伝えることは、横の関係(対等の関係)に基づくものだと言われています。
無意識のうちに上下関係をつくる言葉かけではなく、相手の存在価値を高める言葉かけをしていきたいものです。

今日は、自己肯定感を育むのを手助けする2つの方法を書きました。
他者を援助するという視点で書いていますが、これは、自分ひとりでもできるものです。

1つ目は、自分の気持ちに対して、自分自身が寄り添っていくことです。
2つ目は、自分自身に対して、「ありがとう」と言ってあげることです。
ぜひやってみてくださいね。

個別の相談にも応じています。
自己評価が低いとお悩みの方や、身近にそういう人がいるという方は、お気軽にご相談ください。

【個別カウンセリング】についてはコチラ。
↓↓↓


【不登校訪問支援】についてはコチラ。
↓↓↓


【コミュニケーション講座】についてはコチラ。
↓↓↓


お問合せをお待ちしています♪

2017/01/19
こんにちは、坂野です。

「どうすれば自己肯定感が高まりますか?」と尋ねらることがあります。
今日は「自己肯定感と評価」についてお話します。

自己肯定感が低いとは、自己評価が低いと言いかえることができます。
お気づきでしょうか?「自己肯定感」は「評価すること」と関係しています。

インドのある哲学者は、
「評価をまじえずに観察することは人間の知性として最高のかたちである」
と述べたそうです。

評価することそれ自体を否定するわけではありませんが、「自己肯定感が低いのを何とかしたい」と言う方に対しては、
「他人を評価せずに観察すること」をおすすめすることがあります。

「自己評価」が低いと言っているのに、なぜ、「他人を評価しないこと」を提案するのでしょうか。
「評価する」のは、一種の思考のクセです。
自分を評価する傾向の強い人は、他人を評価する傾向も強いものです。

「あの人はステキだ。それに比べてわたしなんて・・・」といった具合にです。

自分のことを客観的に観察することは難しいものです。
ですから、まずは他人で練習してみましょう。
口に出してみる必要はありません。
心の中でひそかに練習すればよいのです。

「評価」というのは一種の「解釈」で、絶対的な事実ではありません。
「すごい」「立派だ」「ステキだ」「賢い」「デキる」「怠け者だ」「馬鹿だ」「駄目だ」「最低だ」「価値がない」
これらはいずれも評価あるいは解釈です。

やってみると分かることですが、観察と評価を切り離すのは結構難しいです。
ぜひやってみてくださいね。

これができるようになると、周りの人たちが、まるで違って見え始めます。
自分の内に生じる気持ちが、以前と変化していることに気づくはずです。

実はこれが、自己肯定感を高める入口です。
「自己肯定感が低い」とお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。

個別の相談にも応じています。
お気軽にお問合せください。

【個別カウンセリング】についてはコチラ。
↓↓↓
http://c-r-smile.com/contents_2.html


【不登校訪問支援】についてはコチラ。
↓↓↓
http://c-r-smile.com/contents_39.html


【親業訓練一般講座】についてはコチラ。
↓↓↓
http://c-r-smile.com/webform_20.html


お問合せをお待ちしています♪
<<  <  2  3  4  >  >>

カウンセリングルームスマイル

お気軽にお電話ください。お待ちしております。

電話番号:086-238-6117(受付時間 9:30〜23:00)

所在地 :岡山県岡山市中区江崎17-3

営業時間:10:00〜22:00

定休日:なし

ルーム案内・アクセスはこちら

お問い合わせはコチラ