岡山県岡山市にあるカウンセリングルーム
カウンセリング、不登校・ひきこもり支援、コミュニケーション講座を提供しています
岡山県岡山市中区江崎17−3
  1. さかけん今日のひとこと イベント
 
 

さかけん今日のひとこと

2018/01/22
怒りは「脅威に対する防衛反応」だよ

自分の大切なもの、身体やこころ、財産や価値観などを守るはたらきをしているよ

ただ、自分を守る方法は「怒り」以外にもたくさんあるよ

怒りはうまくコントロールされないと、
自分や他の人にとって「脅威」になる場合もあるから
気をつけていきたいね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

開催希望の多い「怒りのコントロール法」のテーマで、2月にミニ講座を開催します。

くわしい日程などが決まり次第、改めてお知らせします。

2018/01/15
自分を責めたり
人を責めたりするのは
あまり楽しくないね

そんなときはたいてい、頭の中に
「〜すべき」
「〜すべきでない」
「〜しなければならない」
「〜してはならない」
があるよ

できれば毎日楽しく暮らしたいね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自己肯定感、自己受容についてのミニ講座を開催します。

【残席1名】です。

気になる方はお気軽にお申し込み・お問い合わせください。
お待ちしています。

くわしくはコチラをご覧ください。

2018/01/14
良質なコミュニケーションの基本は「正直さ」だよ

心にもないことを言うと
人間関係がややこしくなることがあるよ

イヤなことをイヤではないと言ったり
今でも引きずっていることを済んだことと言ったり

正直でないことを言うよりは
黙っていることや
別の方法でやり過ごすほうが
賢いかもしれないね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

臨床心理学者トマス・ゴードン博士は、自身の開発した講座を、「ある種の正直訓練」と呼びました。

講座に参加した方ある方は、
「私は、いっそう一体感を感じます。
私のことばは私の気持ちと、
ピッタリ合っています」
と言っています。


ゴードン博士の親業訓練講座を開講します。

参加ご希望の方や、くわしくお知りになりたい方は、お気軽にご連絡いただけたら嬉しいです。

6時間で学べる「入門講座」はコチラ

日曜日の月1ペースでの受講はコチラ

平日の月1ペースでの受講はコチラ

2017/12/30
「自己肯定感」は自分のことを大切に思える気持ちのことだよ

「条件つき自己肯定感」と
「条件なし自己肯定感」があるよ

条件なし自己肯定感のほうが、条件に左右されないから安定感があっていいね

どんなときも自分を大切に思えたら幸せだね
子どもたちがそんな気持ちをもって生きてくれたら嬉しいね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1月も自己受容、自己肯定感のテーマでミニ講座を開催します。今回は日曜日の開催です。

「自分らしく生きる」
「ありのままで生きる」
「自分を受け入れる」

分かったようでよく分からない。
自己評価が低くて困っている。
自己肯定感を高めるにはどうすればよいのか知りたい。
「自己肯定感」、「自己受容」について一緒に学んでみませんか?

・自分を知る
・自分とは
・自己受容とは
・こころ、あたま、からだ
・自己肯定感とは
・条件つき自己肯定感と条件なし自己肯定感
・自己肯定感を高めるための2つのカギ
・自分らしくありのままで生きる

そんな内容でミニ講座を開きます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【テーマ】「自分らしくありのままで生きる」
【日時】平成30年1月21日(日)10時〜12時
【場所】カウンセリングルームスマイル(岡山市中区江崎)
【講師】坂野健一 心理カウンセラー・不登校訪問専門員
【費用】おひとり3000円(税込)
【定員】6名
【お申込み・お問合わせ】電話:086-238-6117 メール:sakano@c-r-smile.com

<他にも様々なテーマでミニ講座を開催しています>
 くわしくはコチラ↓

2017/07/12
こんにちは、坂野です。
 
カウンセリングや、不登校の親の会などで、
 
「うちの子、私がほめると怒るんです。
どういう気持ちなのでしょうか?」
 
と相談されることがあります。
 
カウンセラーとして、第三者の気持ちを尋ねられたときは必ず、
「私は本人ではないのでその子の気持ちは分かりません」
とお伝えするのですが、それを言ってしまっては話が終わるので、こんな話をします。
 
@ほめことばは、外からの評価のメッセージ。いわば評価する人の”モノサシ”をあてられている状態になるので、快く思わない人もいる。
 
Aほめことばには、”隠れた議題”が潜んでいることがある。行動を変えさせたい、コントロールしたいという隠れた意図が伝わると、不快に感じ、反発を招くことがある。親や評価者のことを、不正直で不誠実、率直でない人だと感じてしまう。
 
Bほめことばは、相手を受け入れている形をとりながら、相手を受け入れていないことを示す要素がある。
 
Cほめことばは、親と子どもとの上下関係が強調され、子どもの劣等感が強化されることがある。
 
D親の評価が子ども自身の自己評価とズレている場合、親が自分を本当は理解していないと感じることがある。親が本当のことを言っていないと思って親を信用しなくなることがある。
 
ほめるって結構難しいですね。
 
ほめことばは”外的な賞”と言われていますが、この”外的な賞”を与えられて育つと、自律性が育ちにくいと言われています。
 
このことについてもっと詳しくお知りになりたい方には、
「親業・ゴードン博士 自立心を育てるしつけ」(小学館)
をお読みになることをお勧めします。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
【ミニ講座のご案内】
 
「子どもの自立(自律)を促す親の接し方」
 
7月29日(土)に、ミニ講座を開催します。
参加ご希望の方はお気軽にメッセージください。
 
【テーマ】「子どもの自立(自律)を促す親の接し方」
【内容】
 ・自立とは
 ・自立と依存
 ・自律とは
 ・自律を促す具体的な接し方
【日時】2017年7月29日(土)10:00〜12:00
【会場】カウンセリングルームスマイル(岡山市中区江崎)
【定員】6名
【費用】おひとり4000円(税込)
【講師】坂野健一(心理カウンセラー)
 
ご都合のつく方はぜひご参加ください。
お友達同士でのご参加も歓迎します。

カウンセリングルームスマイル

お気軽にお電話ください。お待ちしております。

電話番号:086-238-6117(受付時間 9:30〜23:00)

所在地 :岡山県岡山市中区江崎17-3

営業時間:10:00〜22:00

定休日:なし

ルーム案内・アクセスはこちら

お問い合わせはコチラ